社長メッセージ

“この会社に入って良かった”
心底そう思ってもらえる会社を目指します。

年末にお客様からSNSでメッセージがありました。

「年明けにガス給湯器の交換をお願いしているのですが、
本日、全く点火しなくなってしまいました。
83歳の母が一人で暮らしています。
森社長様、 何とか年内に取り換えて頂けないでしょうか」

今日動ける社員はいるか―いや僕が1人で行こう。
次の瞬間にはお客様の電話番号を押していました。

……

はじめまして。代表の森と申します。

高校2年生の頃から抱いていた“社長になる”という想い。
そのための最短ルートを探し、進学せずに車の整備士に。

がむしゃらに働き、22歳で部下を5人も持たせてもらうまでに昇りつめましたが、稼ぐことも叶えたかったので 当時話題を集めていたこの業界へ転職しました。

そこから24歳、1年半で独立。
お客様第一主義をモットーに職人さんと二人三脚、寝る間を惜しんで働きました。感謝され、収入が上がり、また新しい課題へと挑む。
そんな歯車が上手く回るようになり、気が付けば依頼をお断りしなければならないほど繁盛するように。
社員も増え、比例して守りたいものも増えました。

転機は5年前。病に倒れました。
死んでもおかしくない症状だったみたいです。
奇跡的に回復。運が良かったんでしょう。

でもそのときに思ったんです。
今まで欲しいものを得るためにしてきた努力、自分が死んでしまってはまるで意味がない、と。

1ヶ月の入院生活中は、自分と向き合う時間でした。
社員が長く、誇りを持って働ける会社にするには?
年収500~600万円をコンスタントに稼げるようにしよう。

理想のワークライフバランスを叶えるには?
休日制度を整えよう。

“この会社に入って良かった”心底そう思ってもらえるような会社にしたい。
その結果、経験者の方に多く選ばれるようになりお客様の満足度も高まる結果へと繋がっていったのです。
第二の人生がスタートしたようでした。

……

私たちはお客様にとって最適なプランをおすすめしています。
ですから、社員が誇りと自信を持って仕事に取り組めます。
同業他社からの転職が多い理由、きっと分かると思います。

お客様からのひっきりなしの依頼にてんてこ舞いな私たち。
ぜひ、あなたの力を貸して頂けませんか?

代表取締役/森 崇伸

閉じる